2018年2月17日(土)19:40頃。

桃永は永い眠りにつきました。16歳と9カ月でした。

 

猫が他界するときによく見られる痙攣、失禁の一連の流れはありました。その時以外はずっと穏やかな顔で過ごしていました。

一連の流れが済んだあとは優しい顔で私の顔をしっかり見つめつつ静かに逝きました。

 

歩くことが出来なくなってしまってからは思いのほか早かったです。

でも、別れとしては理想的だったのではないかと思います。夫婦共働きで最期を看取れるか微妙だったのですが、私の休みの土曜日に亡くなったので私が傍に居てあげられました。前日の夜は桃永が傍に居ることをとても要求してきたので(珍しく)久しぶりに添い寝で一晩を過ごしました。抱っこもせがんできたので沢山抱っこしてあげることが出来ました。抱いて胸に引き寄せると落ち着いた表情でウトウトと寝ていました。とても可愛かったです。

 

色々、介護用品を揃えて使ってみたりと私も桃永のためにやってあげられることはしたし、傍で看取ることも出来て旅立ちに関してはほとんど悔いの残らないものとなりました。

 

桃永が他界する30分前ほどに移したものです。優しい顔をしてるなぁと思って写してみました。

これが生前最後の写真となりました。

 

 

私にとって悔いのないものとはなったとは言え、寂しさと悲しさは相変わらず。

愛猫の死は17年ぶりですが、耐えがたいほど辛いことには変わりなかったです。

 

翌日、18日20:30。荼毘に付しました。今は小さくなりましたが、2階の大好きな猫ベッドの上に居ます。

49日まではそこに居てもらおうと思います。

 

手乗りサイズで拾い、おデブに育ち、ビビりでしたがとっても可愛い桃永が大好きでした。

ずっとずっと愛しています。

 

 

Related Entry
Comment
桃永さん、旅立たれたのですね。。。
眠りにつく30分ほど前、というお写真、
とってもきれいなお顔をしてはりますね。
いい人生だった証拠ですね。
ご冥福をお祈りいたします。。。
  • よねっち
  • 2018/03/04 23:29
よねっちさん♪

はい、と〜っても静かな最後でした。
先代の猫が苦しんで亡くなっているので、今後、関わる猫にはこういう死は迎えさせたくないとずっと思っていました。
彼女の最期は良かったという言い方は変ですが、安らかに旅立てたことにすごく安堵しています。
最期の2日間は私にビックリするほど甘えて、抱っこするたびに満足そうな顔をしていました。
旅立ちの前の顔、綺麗ですよねぇ。(飼い主の私が言うのは何ですが・・・)
この顔のまま、逝きました。

よねっちさんは、最期の立ち会い何度もされているんですよね。
本当に毎日のお仕事お疲れ様です。
精神的にもキツイお仕事ですね。私も毎週、病院にお世話になっている身なので頭があがりません(´Д`A;)
お体、壊さないようにしてくださいね。
コメントありがとうございました。
  • しゅしぅ
  • 2018/03/05 09:16





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

counter

ブログパーツUL5

Anniversary

Anniversary

Anniversary

Instagram&blogram

Instagram
ブログランキングならblogram

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM