永宴が旅立った経緯を書こうと思ったのですが、やっぱりしんどいのでやめます。

 

本当に簡単に書くと食べられない状況になってしまい、点滴などで頑張ってみたがダメだったということです。
柔らかくしたものなどを食べやすくして与えて食べられた時期もありましたが少しずつ食べられなくなりました。
年齢的に出来る検査が少なく、触診やレントゲン、血液検査などやれることはやりましたが特に異常はありませんでした。

 

永宴を最期に写した画像はこちら。永宴が他界する4日前のもの。
動物病院がとても混んでいたので病院の外のベンチで診察待ちをしていた時に写したもの。
ガリガリですが、この時も飛んできたビニール袋を追いかけて遊んだりする元気もありました。


この画像はその1日前に写したもの。路地を小登とマッタリ眺めている様子です。


食べらないという状況はきっとしんどかったと思うのですが、一緒に居られたGW中は結構、楽しそうでした。

日の当たる場所でゴロゴロしたり、じゃれついてきたり。
食事以外はいつもと変わらない生活を送れていて良かったと思っています。
最期の1日だけは呼吸がちょっと苦しそうでした。


看取った場所がちょっと心残りで・・・
実は早朝に点滴を受けさせてもらえるとのことで、通院していたのですが、その道すがら他界しました。
自宅で看取りたかったのに、まさかの屋外。
それでも、傍に居られたことには感謝。
桃永の時も思いましたが、仕事をしているので最期の時に傍に居てあげられる確率は低いのです。
そんな中で永宴の最期に傍についていてあげられて良かったです。

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

counter

ブログパーツUL5

Anniversary

Anniversary

Anniversary

Instagram&blogram

Instagram
ブログランキングならblogram

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM