夜、手帳に色々書こうと万年筆を物色。

何を使おうかなと手に取ったのはアウロラ社のルナ。

んで、キャップをクルクル〜と回して外したら・・・

 

ん???

 

 

ペン先が無い・・・

あれ???

 

キャップの中を見たらペンの半分が入ってる・・・

 

どゆこと???

 

 

まさか・・・ 折れてる??? 

 

ガ━━Σ(・ω・;)━━━ン 

 

そう、折れていたのでした・・・

 

<(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!!

 

こんなこと、あるんかいな??と思ってネットでググってみたら、

ここの会社の製品に結構、あるみたいです・・・

決して安いものではないのに・・・

 

修理費も調べてみたんだけど、メーカーに依頼すると3万以上かかりそうで・・・

_| ̄|○

 

万年筆も折れたけど私の心も折れました

ハァ・・(ノω=;)

https://www.instagram.com/p/BQWicBYA7Vp/

 

これ、インスタのIDを持ってない人でも見られるのかな?

 

↑ ID持ってなくても見られるそうです♪

目が合うと、銃で撃たれたようにバン!と倒れる永宴さん。

お腹を出してウネウネ〜〜〜。そして舌をペロっ♪

 

撫でて欲しい永宴さんのいつもの行動。

 

この可愛い仕草は完全なる確信犯なのでありました(´Д`A;)

 

久しぶりにユニット折り紙をしました。

つがわみおさんの「ギズモ」です。

 

リハビリ程度に簡単なものをと思い、この作品を選んだわけなのですが・・・

シンプルな見た目なのにユニットの折り数が多い(´Д`A;)

手を付けて後悔したのですが、折っていくうちに何だかやたら楽しくなりましたw

あっと言う間に30個のユニットが完成。

 

そして想定外だったのはユニットだけでは終わらない作品であったこと。

繋ぎ材という別パーツが必要でこの数も30個。

ユニットに使った折り紙は7.5センチ角で繋ぎ材はこの1/4サイズ。
3.75センチ角の紙を30枚用意します。繋ぎ材は1回折るだけでした。

慣れないタイプの組み立て型で最初は戸惑いましたが、慣れれば簡単でサクサク組めました。

繋ぎ材とユニットを合体させ、繋ぎ材の部分にユニットをはめて組み立てていきます。

 

完成品がこちら↓ 白い部分が繋ぎ材です。

 

 

Name: Gizmo(ギズモ)
Designer: Mio Tsugawa(つがわみお)
Units: 30

Joints: 30
How to Fold:ユニット折り紙の世界(BOOK)

 

 

blogramのブログランキング

またまた簡単シリーズ。小宮 はじめさんの「華箱」です。

最初に折り目をどんどん付けていき、最後に広げて畳んでいくシリーズ♪

(シリーズなのか??w)

 

縁がしっかり立ち上がっているのでお菓子とか入れられますね。

とっても可愛い作品です。

 

 

Name:華箱
Designer:小宮 はじめ(Hajime Komiya)
1 paper

How to Fold: 和の風合いを楽しむ 飾り折り紙

blogramのブログランキング


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

counter

ブログパーツUL5

Anniversary

Anniversary

Anniversary

Instagram&blogram

Instagram
ブログランキングならblogram

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM