以前、書棚の中のお気に入りの一角をアップしました。

文具系の本が並んでいます(*´艸`*)

趣味の文具箱♪ 文具好きにはたまらない季刊誌です。

ほんのちょっと中味をアップしてみます。

インクのページ〜〜〜♪ インク大好きなのでじっくり拝見。新色がズラ〜〜〜っと並んでいます。



ブランドごとに分けられた新商品のページ。こんなの見てたらヤバいヤバいっ!!



卓上小物のページ。左のページのはインク壺。綺麗で欲しくなっちゃいます。



日本各地の文房具屋さんの紹介のページ。私もアチコチに行きたいお店があります。
こだわりの文具店やら文具カフェとか♪ 1人でプラっと行きたいです。



趣味の文具箱30号記念と言うことで有名文具メーカーの代表者さんたちから読者への手書きメッセージの掲載。
トップはアントン・ヴォルフガング・フォン・ファーバーカステル伯爵からのメッセージでした。
別ページに対談も掲載(*´艸`*)



他にも万年筆の構造やら色々あるのですが、小難しいのを紹介しても見てもらえ無さそうなのでブログには載せるのを止めましたw

この本が雑誌の中で私が一番好きな本ですO(≧▽≦)O

休みの日。久しぶりに使っている万年筆のお手入れをしました。

パイロットカスタム742(ペン先WA)とラミーサファリです。



底に沈んでるカスタム742はカートリッジインクを使っていたのでペン先だけの掃除。サファリはコンバータを使っていたのでコンバータとペン先の掃除です。コンバーターは詰め替えの出来るカートリッジのようなものです。

1晩水に漬けてインクを溶かして掃除します。

さてさて、今の手持ちはこんな感じ。左側4ほんが国産、右4本が外国産です。
外国産にはオモチャのような万年筆(子供用万年筆)が半分占めてるっちゅぅ状態です。でも、モンブランもウォーターマンも私には合わず売ってしまいました。国産も倍はあったのですがこれも売却。以前は沢山あったのですが、今はこの本数で十分、満足しています。黄色の子供用万年筆(ペリカーノ)は全く使ってないのですが売り先が無いので手元に置いてある状態です。

何となくですが、漢字、ひらがな、カタカナなどの日本の文字を書くときは国産万年筆の方が書きやすい気がします。



久しぶりにペリカンM600にインクを入れました。



インクのフローも良くサラサラ書ける万年筆なのですが何となくしっくりこない子ですw
何度かブログで欲しい人はいませんか〜と声をかけたのですがお声がかからず今も手元に居る子です。これも縁なのかなw
マルゼンさんのライティングタブレットに文字をツラツラ書くけど、どうにもしっくりこないw
もっとぬるぬる感のあるインクを入れてみたら良かったかなぁ。

今日は時間に余裕があったら他のペンにもインクを入れてみようっと(*´艸`*)

 あまり聞きなれないと思われる文房具でも載せてみようかな♪

ペンカバー。レザーペンって言うこともあるかな。

レザーペン

文具というより革小物になっちゃうのかも(´Д`A;)

私の所有するペンカバー(レザーペン)は土屋鞄製造所さんのもの。
レザーペンの下の冊子は土屋鞄製造所さんのカタログ♪ ランドセルで有名な革製品のブランドです。

レザーペン

キャップを外すとこんな感じ。ボールペンが入ってます。ちなみに中はゼブラさんのボールペン。

レザーペン

あ〜〜〜ピンボケww
こんな感じです♪

革が柔らかくて使うほどに味が出そうなイイ革なんです♪
使っていくうちに成長していくアイテム。ホント好きです(*´∀`*)

昨日は万年筆1本を掃除しました♪

LAMY safari

これは【LAMY safari】ラミー サファリ 2009年限定色ピンクです。

LAMY safari

万年筆をちょっとかじっている方なら誰でも知っている定番中の定番アイテム。
LAMYはドイツの文具メーカーで筆記具を作っています。
人間工学に基づいて作られたデザインはクールで美しいだけでなく使いやすさも抜群なんです。
このサファリシリーズは元々は子供用に作られたもの。
万年筆のほかにボールペン、シャープペンなどがあります。
お値段もリーズナブルで万年筆の初心者さんにはとってもおススメ。お値段だけではなく子供用ということで正しくペンが持てるような軸の形状になっています。
ブログなどを拝見するとペン先が柔らかいモノを好む人が多いようですが私はガチニブ(ペン先が硬い)好きなのでサファリの鉄ペンのサリサリとした感触は好きです♪

万年筆を楽しむには万年筆だけでは楽しめません。インクとペンが必要です♪

インク

今回は神戸のご当地インク(ナガサワ文具センター)の海峡ブルーを入れてみました。(ビンはパイロットさんの色雫のモノに移し変えてマス)

LAMY safari

紙は本や文具でおなじみの丸善さんのオリジナルの便箋ライティングタブレット6000
これはもう廃盤なのですが大量にストックしています。このノートがあと残り20ページほど。全く使ってないのが1冊。あ〜〜〜そろそろ終わってしまいます。使い切ったらどうしよ・・・

WRITING TABLET 6000

色んな万年筆に色んなインクを入れてツラツラ書いてます。インクと万年筆の相性。更に紙の相性などを楽しみながら頭に浮かんだことをひたすら書いてるだけなので何の脈絡もない文がww
「ラミーサファリに○○のインクだと軽すぎる感じ。次はもっとヌラっとした▲▲のインクを入れてみようかなぁ。あ、このインク乾くとこんな色になるんだ〜〜〜」みたいな感じの文です。ホント意味は無いですww
ただ、書くって作業を楽しんでいるだけなんです。

このライティングタブレット。とても薄い紙なのですが、上の画像のめくってある裏ページを見てください。インクが裏に抜けてないのが分かるかな。こういうトコが楽しかったりするんです(*´艸`*)

誰かこの沼にハマってくれないかなwwwww

memoはコレがいい♪

ホントなら広告の裏でもいいんだけどねww
でも、職場ではmemo帳を使ってます。

真っ白だと自由すぎてヤだ。横罫だと自由が無さ過ぎてヤだ。
やっぱり方眼がいい♪

RHODIA

職場でお昼に撮った画像ww
方眼のmemo帳と言えばやっぱりRHODIA
色んなサイズを職場に置いてます。一番小さいサイズは書ける範囲だと6センチ×5センチ。
とっても小さいメモ。これが何気に一番使うんです。

RHODIA

万年筆で書いてもインクの裏抜けないし。
仕事をしてる限り、このmemoは手放せないな。いや・・・
仕事辞めても手放せないかw カバンの中に必ず入ってるしwww

これからもお世話になります(*´∀`*)


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

counter

ブログパーツUL5

Anniversary

Anniversary

Anniversary

Instagram&blogram

Instagram
ブログランキングならblogram

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM